亜麻仁油を健康管理に利用しよう|良質な油を取り入れる

女の人

年を取ると気をつけたい事

膝を触る人

膝痛は放置してはいけない

年を取ると膝が痛くなるという人が増えてきます。膝の痛みは何の対策も取らないと痛みが強くなることが多いので注意が必要です。膝が痛くなるのは膝の関節の間にあって、クッションの役割をしている軟骨が磨り減ってくるからです。機械がさび付くと動きが悪くなるように、軟骨が磨り減ってくると関節の動きが悪くなります。そればかりではなく、関節の骨が直接ぶつかり合うようになるため神経を刺激して痛みがでてきます。これが膝の痛みの原因です。軟骨は磨り減っても再生することができますが、年を取ると再生する力が弱くなってきます。その為軟骨成分を積極的に補うことが必要になってくるのです。食事だけでは摂りにくいといった場合にはサプリを活用するのも良い方法です。

軟骨は再生する

膝の痛みを摂るのにサプリが有効なのは必要な成分を手軽に摂ることができ、しかも簡単に続けられるからです。軟骨の再生は徐々に進むので、すぐに膝の痛みが取れるわけではありません。しかし続けて摂り続けていれば、膝の痛みが軽くなりやがて痛まなくなってきます。また痛くない人も加齢により軟骨は磨り減っていくものなので、予防としてサプリを飲むのも良いでしょう。特に若い頃に激しい運動をしていた人や、肥満ぎみの人は膝痛のリスクが高くなるので早めに対処しておいたほうが良いでしょう。また女性は年を取るとO脚になる人が多いのですが、O脚の人も膝痛のリスクが高くなるので注意が必要です。サプリを摂ると共に脚の筋肉を鍛えるようにすると早く改善します。